Tap to close

産後骨盤矯正 世田谷 豪徳寺 

産後骨盤矯正 世田谷 豪徳寺 

03-6413-7439アクセス

産後骨盤矯正 世田谷 豪徳寺 

今回は産後の骨盤の状態について解説していきます。

妊娠すると「リラキシン」という女性ホルモンが分泌されます。
このリラキシンというホルモンは関節や靭帯を緩める作用があります。
出産の際に赤ちゃんが通る産道は通常、握り拳ひとつ分の大きさしかないと言われており、
このリラキシンというホルモンが分泌されて関節や靭帯の緩みが出る事で出産をする事が可能になります。

・仙腸関節
・恥骨結合

この二つの関節が緩む事によって産道が広がり出産をする事ができます。

妊娠して分泌し始めた「リラキシン」ですが、出産後一年ぐらいは出続けるといわれています。

自然分娩だと赤ちゃんが産道を通り脳に「出産しました」と電気信号が送られ時間をかけて減っていきます。

しかし帝王切開の場合、赤ちゃんは産道を通らないので脳に「出産しました」という信号が送られずリラキシンが出続ける状態が続きます。骨盤矯正をすることで骨盤に刺激を与え脳へ「出産しました」という信号を送ってあげる必要があります。

自然分娩では生理現象として減ってはいきますが骨盤矯正が必要ないということではありません。

自然分娩でも帝王切開でも出産時は骨盤に大きい力がかかっているので骨盤は歪んでしまいます。

 

歪んだ骨盤をそのままにしておくと体の不調につながります。

しっかりと矯正を行なっていきましょう。

 

 

  • lineシェア
  • fbシェア
  • twシェア

ご予約・お問い合わせ

タップすると電話できます

LINEの登録はこちら

ネットでの「予約」「お問合せ」はこちら

営業時間表

Top