Tap to close

狭窄症 世田谷 豪徳寺

狭窄症 世田谷 豪徳寺

03-6413-7439アクセス

狭窄症 世田谷 豪徳寺

こんにちは!
今回は、狭窄症についてご説明いたします。
狭窄症とは「狭まる」という字が入っています。どこが狭まるかと言うと、背骨から出る神経の出口が狭まります。


神経の出口が狭まってしまうことににより、神経が圧迫され、痛みや痺れが出ます。


この神経の出口が狭まる原因は大きく2つあります。1つ目は、加齢によって背骨(椎骨)と背骨の間にある椎間板の水分量が減少し、縮んでしまいます。その事により神経の出口が狭まります。2つ目は、カルシウムが背骨に沈着します。お年寄りの方の手を触るとゴツゴツした感じがあると思います。これは加齢によって手にカルシウムが沈着してる状態です。背骨も同じことが起こります。まず、カルシウムが背骨に沈着していくと骨棘というものができ、たわんでしまった椎間板の膜をパンッと張らせます。そして、カルシウムの沈着は背骨の神経の出口にもおこります。神経の出口に沈着することで神経を圧迫してしまいます。

狭窄症の症状は、長時間の立ちっぱなしや歩行時に多くでます。歩行していると腰などに痛みが出て、座って休むことにより痛みが緩和され、また歩き出すことができる。これは狭窄症の特徴的な症状になります。座って休むと痛みが緩和されるのは、腰が丸まる姿勢になることで背骨の神経の出口が広がり神経を圧迫していたものが無くなるからです。
狭窄症の治療は、体を丸めることによって神経の出口を広げ、神経を圧迫するものをなくしていく治療を行っていきます。これをウィリアムの理論といいます。


狭窄症で症状が出る方は首や腰に特に多いです。一人ひとり、症状に合わせた治療を行うことが大切です。

  • lineシェア
  • fbシェア
  • twシェア

ご予約・お問い合わせ

タップすると電話できます

LINEの登録はこちら

ネットでの「予約」「お問合せ」はこちら

営業時間表

Top